メンタルクリニックに通っている精神保健福祉士の日記


by tanpopo77m
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

作業所は足りない?

昨日に引き続き、今日も2組の通所希望の見学の方が来られた。
アート展に来られた方や、主治医や保健師から紹介されて来られた方。

昨日の方は倉敷市と玉野市から。
岡山市には社会資源が結構あるけど、それ以外の市にはあまりないから、みんな困っているのだろう。

就労継続A型、B型はここ数年でとても増えた。

特にA型は福祉関係ではない企業が参入してきた。
専門家もいないが、最低賃金は保障されている。

タンポポに見学に来られる方は、お金を得たいというよりも、仲間がほしい、居場所がほしい、そして社会参加したい、という方が多い。

昨日も今日も一時間以上タンポポで過ごしてみなさん帰られた。
今タンポポは満員状態。
だから数名待ってもらっている。

半年前に倉敷にいい物件があり、倉敷でやらないかと誘われた。
精神科医療センターの近くでも誘われた。

でも今の私に余力はない。

当事者の方でできるなら自分たちの場所を作ったらいいと思う。
私もそんな感じだから。
私にできて他の人にできないわけないよね。

それにしてもたくさんの人が見学に来られるってことは、まだまだニーズがあるということ。
行き場、それも自分が行きたいと思う行き場に出会えてない方が多いのが現実。

みんなが求めているのは、誰かに提供(支援)されるものではなく、互いに支え合いながら生き生きと活動できる場所じゃないだろうか。

与えられるだけなんてつまらないよね。
自分たちで作っていかないと。
[PR]
by tanpopo77m | 2011-09-30 21:01 | 日記