メンタルクリニックに通っている精神保健福祉士の日記


by tanpopo77m
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

新聞できたー!こらーるの山本先生、吉沢さんに感謝です。

昼からこらーる岡山に行って、山本先生と吉沢さんと原稿チェック。
正確には、その前にお味噌汁をいただきました。
こらーる岡山の木曜日は昼食がある。前回行った時、お味噌汁のあまりのおいしさに感激したのでした。
普段あまりお味噌汁を飲まない私ですが、こらーるの味噌汁にははまりました。
それから、庭のベンチで吉沢さんとお話。その後山本先生も交えてお話しし、やっと校正ができました。
山本先生、吉沢さん、ご協力ありがとうございました。
こらーるでの山本先生と患者さんとのやりとりを聴いていたら、とても勉強になる。
「傾聴」が大事だと言われるが、山本先生のは「愛情」のある「傾聴」だ。
そして、謙虚さをとても感じる。
今までいろんな精神科医に会ったけれど、あんなに腰が低く、信頼されている先生はめずらしい。
福祉施設では普通だが、精神科医が患者さんとと一緒にご飯を食べる姿はあまり見たことがない。
ほとんどの医者が「医者然」としている。
ほしいサービス、ハードもソフトも含めて、「ない」と言われた吉沢さんに対して、「じゃあ、作ればいいよねえ」と言ったら、山本先生も賛同してくれた。「必要だ」と思ったら、作ればいいのだ。そのためにお金がいるなら行政に頼み、人が必要なら、探してくる。シンプルなことだと思う。
試しに作業所に帰って聞いてみたら、五時以降作業所が開いていてほしい、と言う人と、今のままでいい、と言う人と両方だった。次回のミーティングで聞いてみるかな。
でも今の私の体調から言えば、ちょっと無理かも。
[PR]
by tanpopo77m | 2009-09-24 23:46 | 日記